MENU

メタルマッスルHMBに含まれる成分の副作用の危険性を解析

 

メタルマッスルHMBに含まれる成分と、その副作用の種類・危険度を一覧でまとめました。

 

 

成分名 副作用 危険度
HMB なし
クレアチン トイレが近くなる・腎臓への負担
BCAA なし
オルニチン なし
CoQ10 なし
グルタミン なし
フェヌグリーク 胃腸への負担
トンカットアリ なし
バイオペリン なし
シニュリンPF なし
赤ワインポリフェノール なし
黒生姜エキス なし
黒胡椒エキス なし
ビタミンE なし

 

過剰摂取さえ気をつければ副作用の危険性はなし

メタルマッスルHMBはあくまで健康食品ですし、含まれている成分も基本的には副作用の危険性が低いものばかり。適切な摂取量さえ守っていれば、副作用の可能性は無いと言っても良いでしょう。過剰摂取すると腎臓や肝臓に負担がかかる成分もありますので、メタルマッスルHMBは最大でも1日11粒以上飲まないように気をつけて下さい。

 

クレアチンも心配なし

腎臓に負担がかかると言われているクレアチン。クレアチンを摂取すると体内で生成されるクレアチニンという物質がその原因ですが、あくまで調査段階であり副作用があるとは断定出来ないのが実際の所。

 

クレアチニンを体外に排出するために腎臓に負担がかかり、トイレが近くなるという可能性がありますが、あくまで過剰摂取した場合だけだと考えて頂いて良いでしょう。クレアチンに関しては副作用を気にする人が多いのであえて危険度2としましたが、メタルマッスルHMBに含まれているクレアチンの量であればまず問題ないでしょう。

 

フェヌグリークも心配なし

カレーのスパイスなどにも使われるフェヌグリーク。まれに胃腸に負担をかける可能性があるとも言われていますが、メタルマッスルHMBにはそこまで多くのフェヌグリークが含まれている訳ではありませんし、過剰摂取をしなければこちらも問題ないでしょう。

 

メタルマッスルHMBは健康食品なので、通常の摂取量で副作用を生じる成分は入っていません。ただし体質によってはフェヌグリークで不調を感じる可能性もありますのでご注意下さい。

 

以下の様な方は医師の診断を

以上のように基本的には副作用の心配が無いメタルマッスルHMB。適切な摂取量を守って飲むようにすれば安全でしょう。ただし以下の様な方は医師の診断を仰いだ上で飲むようにして下さい。

 

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • 腎臓や肝臓に病気をお持ちの方
  • 服薬中の方
  • アレルギーをお持ちの方

 

⇒メタルマッスルHMBを現役トレーナーが4ヶ月検証