MENU

メタルマッスルHMBの正しい飲み方と摂取タイミング・摂取量

6粒で1600mgのHMBが摂取できるメタルマッスルHMB。あのGACKTさんが愛用しているということで細マッチョに憧れる多くの男性が体つくりのために利用しています。しかし間違ったタイミングで飲んでしまうと得られる効果が小さくなってしまう恐れがあります。メタルマッスルHMBの正しい飲み方を学んでいきましょう。

 

 

水・またはぬるま湯で飲む

HMBサプリに限らず、基本的にはサプリメントは水かぬるま湯で飲むと良いでしょう。余計な成分と混ざり合う心配がありませんし、ダイレクトに吸収されます。面倒だからとプロテインと一緒に飲まずに、ちゃんと水かぬるま湯で飲むことをおすすめします。

 

1日の摂取量は6粒がおすすめ

臨床実験によるとHMBが最も効果を発揮する摂取量は1日3g。それ以上の量を摂取した場合、筋肉を大きくするための効果が弱くなってしまうと検証されています。つまりHMBサプリは飲めば飲むほど効果が増大するというものではありませんし、適切な摂取量を守ることが大事。

 

メタルマッスルHMBの場合は6粒で1600mgのHMBが摂取できるので、最大でも11粒までにしましょう。メタルマッスルHMBの内容量は1袋あたり180粒。6粒ずつ飲めば30日で飲みきる計算ですし、定期コースのお届けサイクルを考えても1日6粒の摂取がおすすめ。11粒ずつ飲んでしまったら次の商品が届く前に飲みきってしまいますからね。

 

筋トレ前か食後に摂取を

メタルマッスルHMBの推奨摂取タイミングは筋トレ前。運動で筋肉が分解してしまうのを防ぐ効果が期待できますし、筋トレ後の筋肉の修復もスムーズになります。個人的には筋トレの30分前くらいの飲むのが一番おすすめですが、飲み忘れてしまった場合は筋トレ中や筋トレ後でも良いと思いますよ。

 

なお、運動をしない日は食後の摂取がおすすめ。他の栄養素と結びついて効率よく吸収されます。小分けにして、朝・昼・晩で2粒ずつ摂取するのが理想。しかし飲み忘れやすくなりますし、常にサプリを持ち歩くのも面倒だと思うので、夕食後にまとめて6粒でも良いと思います。成長ホルモンが出やすくなる夜の時間帯に飲むことで、効果を高められると思いますよ。

 

⇒メタルマッスルHMBを現役トレーナーが4ヶ月検証