MENU

メタルマッスルHMBの成分と効果を現役トレーナーが徹底解説

 

メタルマッスルHMBの主成分であるHMBは筋肉を増やすのに効果があると言われており、メタルマッスルHMBには他にも多くの筋トレサポート成分が含まれています。それぞれの効果を解説します。

 

 

HMBの効果と飲み方

HMBとは最近発見された物質で、ロイシンを摂取すると体内で生成される物質です。1996年にアイオワ州立大のSteven.L.Nissen教授によって発見された物質で、正式名称は『β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酢酸』といいます。

 

HMBの効果

この物質の主な作用はトレーニングによって筋肉のタンパク質が分解されてエネルギーになるのを抑制する効果と、筋肉の再合成するのを促進する効果があります。HMBはプロテインのように筋肉を作るのではなく、筋肉を作るスイッチのようなものです。トレーニングによって破壊された筋肉を再構成してより大きな筋肉を作るには材料となるプロテインが必要な個所に届けられ、筋肉が作られます。

 

これに対してHMBはトレーニング中に筋肉に信号のようなものを出して、筋肉が分解しないようにしてくれます。筋肉が分解を抑えられながらトレーニングによって筋肉を破壊し、再構成するので、結果的に筋肉分解のロスを減らすことができるので、普通のトレーニングより早く筋肉がつきます。日本での販売がされたのは2010年とごく最近でまだまだ歴史が浅いですが、アスリートやボディビルダーに『絶大な効果がある』と評価され人気が高いです。

 

HMBの1日の摂取量

米国の臨床実験で最も効果的なHMBの摂取量は3g/日と発表されています。この量より多くても少なくても、適切な効果が得られないことがわかっています。メタルマッスルHMBに含まれるHMBは6粒で1600mgです。最も効果が高い3g/日を達成するには一日11粒飲むのがベストに思えるかも知れませんが、その分だけサプリメントの減りも早くなってしまいます。半月でサプリメントを使い切ってしまうよりも1日6粒の摂取を長期的に続けたほうが効果が得られると思います。

 

HMBを摂取するタイミング

HMBが筋肉の分解を抑制する効果があるので、摂取するタイミングは運動時にちょうど消化される300分前が適正でしょう。長くトレーニングを続ける場合には1時間おきに摂取するのもいいです。販売元のメーカーも運動前か運動中の摂取が望ましいと推奨しています。運動しない日は胃腸の消火活動が活発な食後がベストです。できるだけ小分けにして摂取すれば恒常的にHMBの効果を得れますが、まとめて摂取するのもいいでしょう。

 

BCAAの効果と飲み方

筋肉をつくる為に効果的なアミノ酸であるBCAA。「Branched Chain Amino Acids」の頭文字からきていて、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸の集合です。

 

必須アミノ酸のBCAAの割合は約35%で、筋肉の生成に携わっている割合はとても高いのです。食物のタンパク質を構成している必須アミノ酸の約半分がBCAAで、タンパク質が分解されてBCAAになるということです。

 

BCAAの効果

BCAAはタンパク質の原料となっていて、効果としては筋肉を増やすために有効とされている成分です。具体的に筋肉の分解を抑える・筋肉の修復を補う効果があります。BCAAを摂取すれば、血液中のBCAA濃度が上がります。それによって筋肉中のタンパク質の分解量が減り、運動前に摂取することで筋肉の分解を抑えてくれるのです。

 

更に、BCAAにあるロイシンが膵臓からインスリンというホルモンが分泌するのを促進してくれる効果があります。インスリンが分泌されて筋肉の合成が促進され、ロイシンは筋肉の合成に役立っています。

 

ロイシンを摂取すると体内でHMBが生成されます。しかし、ロイシン20gに対してHMBは1gしか生成されないのです。と言っても、HMBがBCAAの20倍の効果があるという事ではありませんが、BCAAは筋肉を増やす為に重要なHMBを生成する効果もあります。プロテインで摂取するよりも消化吸収が早いので、胃腸に負担がないのが嬉しいですよね。

 

BCAAの飲み方・摂取タイミング

プロテインよりも吸収が早いBCAAを飲むタイミングとしては、運動する30分前がベストです。トレーニング中またはトレーニング後に飲んでいる人、プロテインと一緒に摂取している人もいます。トレーニング中、1時間おきに飲んでいる人もいます。

 

摂取した1時間後に血中のBCAA濃度が最大になって、徐々に低下していくからです。基本的には運動の前に摂取することを勧めていますが、いつでも飲みまくっている人もいます。カロリーがプロテインよりも少ないので胃腸への負担がなく吸収が早いので問題ないです。

 

また、メタルマッスルHMBにはHMBだけでなくBCAAも含まれています。その為、トレーニング前やトレーニング中に飲むサプリメントとして大きな効果が期待できます。

 

グルタミンの効果と飲み方

グルタミンはアミノ酸の一種であり、2-アミノ-4-カルバモイル酪酸(2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸)と言います。1883年、サトウダイコンの搾りカスから発見されたものです。筋肉中のアミノ酸の約60%を占めていて、体内のエネルギー代謝に大きな役割を果たしているのです。

 

非必須アミノ酸は体内で合成することができますが、体内の生成量では不足してしまいます。その為、準必須アミノ酸として分類されることがあります。筋トレをする人達が好んで摂取しているグルタミン。様々な効果が認められていますが、中でも4つの効果を紹介します。

 

※非必須アミノ酸とは、体内で合成可能なアミノ酸のことです。グリシン・アラニン・セリン・アスパラギン酸・グルタミン酸・アスパラギン・グルタミン・アルギニン・システイン・チロシン・プロリンの11種類。逆に体内で合成ができないアミノ酸のことを必須アミノ酸と言います。

 

グルタミンの3つの効果
消化機能をサポート

腸管には栄養を吸収する絨毛という組織があり、グルタミンはその絨毛の栄養源となっています。したがって、グルタミンを摂取すれば腸の働きが改善されて消化吸収が活発になります。もちろん、HMB・BCAAといった他の成分の吸収も良くしてくれます。そのためアミノ酸が含まれているサプリにはグルタミンが配合されていることが多いです。

 

免疫力の向上

トレーニングをすることで免疫力が低下して体調を崩しやすくなります。しかし、グルタミンはウイルスや細菌から守ってくれる効果があり、冬場に猛威を振るうしているインフルエンザにも対抗する作用があります。

 

健康な体でトレーニングを続ける為にも、グルタミンを摂取しましょう。
口コミによると、風邪のひき始めに大量のグルタミンを摂取したら風邪が治ったという人もいました。

 

筋肉の分解を抑える

運動をすることで筋肉中のタンパク質が分解されてエネルギーとして使われます。その為、運動前にグルタミンを摂取すれば、筋肉の分解を抑えてくれるので筋肉強化に繋がるのです。

 

アルコール代謝を促進

アルコールの代謝を促進してくれるので、辛い二日酔いを軽減する効果があります。二日酔いの原因、アセトアルデヒドという物質の血中濃度を下げるのです。アルコール代謝の機能がある肝臓の働きをサポートしてくれますので、飲み会が重なった時には摂取したいですね。

 

グルタミンの摂取タイミングは?

最後にグルタミンを摂取するタイミングは、トレーニングの前後やトレーニング中が一番良いと言われています。ビルダーさんの中にはトレーニング中、頻繁に補給している人もいますし、トレーニングがハードな人は過剰摂取の心配は少ないので、大量に飲んでも大丈夫です。

 

もし、トレーニングをしない日があれば食後に摂取するのが良いでしょう。胃腸が弱い方も心配はいりません。消化吸収を助ける働きがある為、安心して摂取することができますよ。

 

バイオペリンの効果と飲み方

最近、耳にする人も多いバイオぺリン。バイオぺリンとは、黒コショウから抽出された成分です。辛味成分のピペリンを抽出することで得られます。特許成分があり、アメリカにて臨床試験も済んでいるものです。

 

バイオぺリンの効果

主な効果は、他の栄養素を吸収するサポートをしてくれることです。バイオペリンを飲むことで血管が広がって血流が良くなりますので、同じ量の栄養素を摂った場合もバイオぺリンも一緒に飲んだ方が体への吸収率が断然良いのです。サプリメントと飲んだり、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などと一緒に摂取すると効果が更にアップします。更に血流がよくなることで冷え性の改善効果、代謝が上昇することで脂肪燃焼が促進されるという効果にも期待がもてます。

 

バイオぺリンの飲み方と副作用

バイオぺリンの摂取量は、1日約10〜20mgが良いとされています。1日の摂取目安よりも過剰に摂りいれてしまうと副作用が出ることがあります。バイオぺリンの効果にもあるように他の成分の体内吸収を促進する働きがあります。

 

その為、薬などを飲む際に成分の血中濃度が規定以上になる場合があります。薬によってはとても危険な副作用が出るかもしれません。特に現在、薬を服用している方や妊娠中の方はバイオぺリンの摂取はしない方が良いでしょう。

 

メタルマッスルHMBに含まれているバイオペリンの量であれば副作用の危険性は低いですし、HMBMBやその他のアミノ酸の取り込みを強化してくれることでしょう。
これ以外に多くの成分がメタルマッスルHMBには含まれています。

 

⇒メタルマッスルHMBを現役トレーナーが4ヶ月検証